本文へスキップ

建築費用を安くするコツ10|土地・建物ドットコム

TEL. 049-233-0508

〒350-1101 埼玉県川越市大字的場2394-37

建築費用を安くするコツ10COST

その1
まず、土地を買うならできるだけ四角の土地を買う。少し、おかしく思われるかもしれませんが、実際、こてから貴方がその土地に入れるほとんどの品物は四角の物です。無駄を省くため、加工を省くためにも四角のにこだわって下さい。
その2
土地の土質の確認。これは、とても大切です。まず、建物に向かな伊、あるいは耐えられない土質であれば、入れ替え又は杭打ちにかなりの費用がかかります。
その3
前面道路の幅員。これは、工事費に大きな変化を及ぼすだけでなく、土地の価値を毀損する場合もあります。
その4
ライフラインの状況を確認してください。施主負担の費用がどの位かかるのかを不動産屋やハウスメーカーの人に前もって調べてもらった方がいいと思います。
その5
住宅の契約日について。ほとんどの住宅メーカーは毎月末日が本社への売り上げ報告日となっておりますのので、その日までの契約を希望しております。そのため、月末になればなるほど、棟数の成績を上げるために、値引きをしてでも契約をして欲しいと思っております。
その6
住宅メーカーによって異なりますが、値引きの権限というものがあります。営業個人では、例えばですが、1%、展示場の店長クラスで3%、営業課長クラスで5%、支店長では7%といった具合のものです。営業マンに、条件付きでも、相談してみるのもいいかもしれません。良心的な営業マンなら、きっと相談にのってくれると思います。
その7
建物以外の利益を省いてもらう・・・例えば解体工事や盛土工事、外構工事を住宅メーカーを通さないで施主様が直に業者に発注する。これだけで、おそらく数十万円の得になるかもしれませ。良心的な営業マンなら、必ずお勧めすると思います。
その8
引越し屋を紹介してもらう。少ない金額ですが、それでも数万の得になると思います。数千万の家を買うことで、お金の感覚が壊れる場合もあります。たとえ、2万でも3万でも、安くした方がいいと思います。普通、営業マンは、話の通じる引越し屋の2、3件は抱えています。
その9
建築の変更につては、一つひとつ、細目に見積もりを取る。これは大切です。本契約から着工までの間に、細かな変更が少なからずあります。住宅メーカーの変更の費用はかなり高額ですので、一つ一つについて、営業から、まとめてではなく、説明を求めて下さい。それだけで、数十万の得になること請け合いです。住宅メーカーの都合によると見受けられるものが、少なからずあるからです。
その10
これが一番大事です。楽しく建てる・・・お客様が自動車などを買うとき、とても楽しいと感じると思います。家は、自動車何台分でしょうか?その分だけ、本来は楽しいものでなければなりません。その気分も、建築代金に入っているのです。そして、その工夫は、お客様と担当の営業マンの双肩にかかっております。住宅会社側だけでなく、お客様側にも付いてくれる営業マンと出会えることを願っております。

バナースペース

解体工事
盛土工事
土留工事

土地・建物ドットコム

〒350-1101
埼玉県川越市大字的場2394-37

TEL 049-233-0508
FAX 049-277-4926